FC2ブログ
 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 ご冥福なんて祈りたくない
2013.03.31(Sun)
殊能将之先生が亡くなりました。

端正な文章が大好きな作家さんでした。
ご自身の本来の(?)フィールドがSF作品だったということもあってか、
どこか「ミステリ」を外から眺めているような、シニカルな視点もあったように思います。
そういうところも好きでした。

一部の友人からは「黒い仏」は壁本扱いされているのですが、
あの作品、「ミステリとしての体裁」も高いレベルで保っているところが、
いわゆる「バカミス」とは一線を画すものだと、私は思っております。
ミステリとしての体裁を守った上で、「実は」真実は別にあってもいいんじゃないの、という視点。

他に類を見ない作家性を持った方だったと思います。
(麻耶先生は、そのギリギリを狙う感じが似ているんだけど「内側から」狙ってる感じ)


実はそれ以外の作品も引用や参考文献がものすごく多くて、
おそらく今、私が把握しているより数倍の情報量がある作品群なんだと思います。


下に、オタクサイトに書いた記事を転載しましたが、
別に年単位で待たされてもよかった。
よかったっていうか、待つつもりでいた。
いつだったか、いつの間にか入院されて退院された時みたいに、
ふいに戻ってきてくれると思ってた。

「冥福」なんて祈ってしまうと、
なんだか全部過去になってしまう気がして、
それを口に出すのに抵抗がある…というのが今の心情の正直なところです。


ということでなんかどうも、まとまりがありませんが、
今日のところはこれにて。



(以下自身のオタクサイトから転載)

昨日、殊能センセーの訃報を知りました。

自分でもびっくりするぐらい悲しかった。
ツイッターとか、以前ならmemoで、人柄とか考え方、好きなものや感じ方に触れていたからなんでしょうか。
すごく身近な人を「失くした」時と同じような喪失感があります。

そうですね。
ツイッターとかmemoって、その人が「生きてる」って事実や「生(なま)」を実感しやすいのかもしれません。

このサイトを開いたのも、イベントに「ミステリ、殊能将之」で申し込むのも、
ツイッターで「殊能クラスタ」の皆さんとわいわい盛り上がれるもの、
当たり前だけど、
センセーが存在してくれていたから、センセーが作品を書いてくれたから。

自分は、それこそミステリにハマる2006年まで特に読書家ではなかったので、
ちょうどその時にはセンセーの作品が存在していて、それを2007年に自分が読めたという巡り合せ、
いろんなものに感謝したいです。

センセーの存在を身近に感じていたからなのかはよくわかりませんが、
センセーの作品を読めて、自分がこんなサイト開いて本まで作って(いや、もちろんそれについては申し訳ない気持ちもありますが)、
同じくセンセーのファンである方々と交流を持てたこと、
全部がセンセーとの思い出な気もしています。
センセーの存在をどこかに感じつつ、過ごしてきた日々というか。

ツイッターで、(過去ログ漁ったら)二回リプいただいていて、
当時は(自分の素性が大きな原因ですが)ものすごくビビったものでしたが、
今となっては、「センセーとの思い出が増えた」ことに感謝しています。

数か月後でも、たとえ数年後でも、
また「オイッス!」って帰ってきてくれるもんだと、信じていました。
なんとなく、まだどこかでそんな気がしていて、
「ご冥福」なんて祈ってしまったら「そんな気」が霧散してしまいそうで、
今はまだその言葉は言えない感じ。

ただ、センセーの「これまで」が少しでも楽しかったらいいな、と思っています。


これからも愛していくよ(迷惑かしら…)。


追伸:アサギさん、メールありがとう~!元気出た!(^_^)
// 15:39 // 殊能将之
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。