FC2ブログ
 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 into the GANTZ
2011.01.23(Sun)
前哨戦DVD、into the GANTZを見ました!

西くん(のビジュアル)がイイ!!!
あとはアレだ、岸本(のナイスバディ)が期待大だな!!


もちろん中身や主演の二人も楽しみなのですが…。
主演が人気絶頂あらしの中の人ということで、
玄野くんのキャラが初めっから「無気力で平凡だけど普通にいい人」だったら嫌だなあと思っています。
年齢設定が大学生っていう時点で結構不安。

原作厨と言われても仕方ありませんが、
GANTZは、現実世界が非常に閉塞的(玄野くん達が高校生で残酷なイジメが“普通に”ある、とか)であることが、大事な要素だと思うのですよ。
そして玄野くんが、その世界に馴染んだ、“人としてクズ”である部分も大事。
その上で玄野くんが“クズじゃない”一面も持っていることが大切なんですよ。
ただのいいヤツ、ただの嫌なヤツじゃないところがいいんですよ。

人ってそうじゃん?
100%いいヤツとか100%嫌なヤツなんて存在しないじゃん?
極端に言えば、
人の家の飼い犬の腹を蹴り飛ばした人が、
その直後に困っているおばあさんの手を引いて、横断歩道を渡る、ということだってアリでしょう。
どっちもあってその人でしょう。

そういうところを見せてくれるのがGANTZなんじゃないの?


今のところそこだけが心配です。
// 19:40 // それ以外の話
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。