FC2ブログ
 貴族探偵
2010.06.20(Sun)
6月2日に読了。

短編集ですが、麻耶氏らしい、「何かを壊そうとしている」作品だなあと思いました。
「何か」とは多分<反転>ミステリの“決まり”ってやつ</反転>でしょうか。
でも壊そうとしているそれは、実はその根幹を揺るがすものではないんですよねえ。
すごく真摯に本格ミステリと向き合ってる作家さんだなあという気がします。

収録された作品は全て「貴族探偵」のシリーズですが、
最初の一編で「あ、そこ壊すんだ!?」と、思わず笑ってしまいました。
// 17:18 // 麻耶雄嵩
| そのミステリに用がある |