FC2ブログ
 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 ラストウィンドウ 真夜中の約束
2010.05.20(Thu)
プレイ時間16時間25分で、18日にクリアしました!

あー、面白かった!

<以下にプレイ中の感想を書いていきます。>
<核心に触れることは書きませんが、未プレイの方はご注意を!>




CINGのゲームは前作「ウィッシュルーム」とこの「ラストウィンドウ」の二作しかやってませんが、ストーリー展開に手抜きがないのがいいです。
登場人物それぞれにドラマがあって。

「まあ…。ゲームだからね…」
と苦笑してしまうご都合主義なところもありますが(笑)。
カイルがレッドクラウン商会の品物を住人に売りつけるところとか。
そんな、タイミングよくおまえ…(笑)。
あれ、アレって訪ねる相手を変えると買ってくれるものも変わるのかなあ。
ちゅうか、あの品揃えを見ているとつまりレッドクラウン商会って日本で言う昭和の、悪く表現すると“押し売り”の元締めなのではという気に…。


今回のこの「ラストウィンドウ」は、プレイしたチャプターが終わるとそれが小説として綴られるというシステムなのですが、プレイ中一回も小説を読みませんでした。
せっかちだから、過去を振り返るより前へ進みたいという…。

クリアしたら、その小説にエピローグが追加されたんで、そこだけ読みました。(即物的…)
いや、小説としてもやっぱり読んでみたいなとは思ってて、だからソフトまだ返してないんですけど。


前述の通り、ストーリー展開にも引き込まれますが、このシリーズの絵と音がすごい好きです。
キャラクター、いいよね…!
絵そのものも好みなんですが、各キャラクターの仕草とか表情もいいし、女性キャラは綺麗だし。
ベティとニコールが綺麗で可愛くて大好きだ…!
絵はね、見ようと思えばネットで見られると思いますが、特筆すべきは音ですよ…。
靴音とかドアを閉める音とか、全部耳に心地いいのです。好きだー。
音楽もねえ、これサウンドトラックないのかなー。
というかそこに靴音とかドアの音も入れて欲しい…。

あ、クリスマスの時選んだBGMはスティーブに褒められたよ!
「俺も好きな曲だ」って言われたよ!(自慢)


あ。
ソフトを貸してくれた友人にも言ったのですが、
カイルとレイチェルの関係がまだるっこしくて喚きたくなります…。
まだるっこしいというか、どうもまだ決定的な関係にはなってなさそう?なのに、
カイルのレイチェルに対する態度が自信満々なのが腹立つ…(笑)。
他のことではあんなに後ろ向きなくせに…。
「残念ながら先約があるの」の時、
「おほほほほ、ふられてしまえばいいのよ!」
と思ったのは私だけではあるまい…。
んっとにヘンに臆病な男はいろんな意味で害だと思う…。

あ。(再び)(三度か)
そういえば、カイルさんが絵を描く場面があるのですが、元同人絵描きのワタクシ(元は絵描きにかかる)(いらん情報)、妙に頑張って描いてしまい、なんというか、カイルさんが日本のMANGA好きな人みたいに…。
ごめんカイルさん…。
そんな元刑事は気持ち悪いよね…!
// 10:53 // それ以外の話
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。