FC2ブログ
 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 フライ、ダディ、フライ
2011.04.30(Sat)
26日に原作を読了し、昨夜映画をDVDで鑑賞しました!

元々映画が気になっていて、DVDを購入したんですが、
その前に原作を読んでみた、という流れ…。

原作も良かったです。
なんか力が湧く。
強くなりたい、と思う。

私はどーも、こういう部分が男なのかもしれません。
自分も強くなりたい、と思う。
ひとまず体鍛えるか!とか思う。
喧嘩が強いって単純に憧れる。
そこに哲学やストイックさが絡めばもう心酔するしかないというか。


さて、映画。
多少なりともネタバレが含まれますので、未見の方はご注意を!


一応、筋立てとしては平々凡々サラリーマン鈴木さんのひと夏の冒険譚で、きちんと完結しているわけですが、
観終わった後、
なんか、こう、食い足りない感じがするのは何故だろう…と思ったわけです。

で、「あ、スンシンだ」と思い当たった次第。

多分私の中で主人公は鈴木さんじゃなくスンシンだったんだな、と。
スンシンの、鈴木さんに対する心の変化とか、それによってはっきりするスンシンの抱えたものとか。
そういうのがもっと観たかったんだな、と。
(原作を読んでいれば気付く程度には描かれているんだけど!スニーカーとかさ)

スンシンはねえ、絶対一度は
「おっさんが俺の親父だったら」
って、この夏一回は、絶対考えたと思う。

少しくすぐったい感じと共に。
そしてそれより大きい切なさと共に。


そう思うと、ラストがさー、爽快ってだけじゃなく、とんでもなく切ないわけですよ…。
スンシンにとって鈴木さんは自分より弱いヒーローだったんだと思います…。
スポンサーサイト
// 11:22 // 金城一紀
 映画 GANTZ PERFECT ANSWER を観てきました!
2011.04.30(Sat)
アクションシーンがもう素晴らしかった!!
ガンツスーツの性能、というのもいかんなく発揮されていたし!

………。

語るべき(良い)こと以上!!


以下↓いいこと書いてませんので未見の方や、観たけど(諸手を上げて)良かったよね!という方はご注意のほど。




正直なところで記しておくと、
オチが見え始めてきたところで
「あららららら…?」
と思い、
オチがはっきりしたところで
「おいおいおいおい」
「あー、それやっちゃったか」(メタ的に)
「こんな選択玄野はしねええええ!!!」
と思い、
エンドロールに 原作:奥浩哉 GANTZ と出た時に
「うわ、そうだったこれGANTZだった」
「ちうかこれ“原作”って言っていいの!?」
と思いました…。

なんかすごく 底 の 浅 い 話 になっちゃったねっていう…。

これが何かの解決になってるんですか?っていう…。
それでサブタイトルがPERFECT ANSWERってさ、アハハ…っていう…。



なんかネガで申し訳ない感じですが…。
でもね…。悲しかったんだよ…。
土壇場での「死ぬかよォォォォッ!!!」が玄野くんじゃないか…。
そこに力をもらってるんじゃないか…。
作中人物も読者も…。
いやもう初っ端に死んでるんだけどさ…。
// 10:52 // それ以外の話
 
2011.04.30(Sat)
今回の震災で被災された方、またそのご家族、お友達、皆さんに心からお見舞い申し上げます。
突然色んなものを失くすこと、とても辛く悲しく苦しいことと思います。
土地や町は元より、心が“復興”するには時間が必要なこともあると思います。
でも今、あなたの周りに存在する、あなたを好きな人、あなたを思いやる人、あなたを気にしている人はゼロじゃない。
家族とか友達、クラスメイトや同僚は勿論、
隣近所の顔見知りの人、通勤通学途中で行き交う顔も覚えていない人、
夏コミ、冬コミですれ違った人。
あなたがつまづいたら、手を貸してくれる人が絶対にいます。

某CMみたいで何ですが、あなたは絶対ひとりじゃない。

だから、ゆっくりでいいから、元気になってください。

そのために、私も、全くもって大した力は無いのですが、出来ることをしていきたいと思っています。
// 10:02 // それ以外の話
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。