FC2ブログ
 探/偵/ガ/リ/レ/オ
2008.10.29(Wed)
公言通り再読中…。


「転写る」

草薙よ、飛び退いて(<ここまではいい)、駆け寄るな
それは湯川の思うツボだ…!
と、思いました。

ええと、それを仕掛けた湯川先生は、“真実の口”の前のグレゴリー・ペックと同じ心境(下心とも言う)だと思って宜しいか?
宜しいな?

(無表情に)うわー、ラブラブー。バカップルー。

うーん、どうして初読の時にこういうのを見落としてたのかわかりませんが、まあそれがご縁というやつでしょうか。(そんな縁いらんか)
腐センサーが鈍ってて申し訳ない(誰に)。

「壊死る」
「合理的にいこう」
湯川先生を見直しました…!(とゆーか、見損なってたんかいと小一時間)

ああ、萌えがあれば読めるかも東野圭吾…!<最低


ええと、ガリレオ精読の旅は、この「探/偵/ガ/リ/レ/オ」から始めているのですが、再読にもかかわらず何故こんなに読むのが遅いかというと、相変わらず萌え萌えしているからです。
誰も聞きたかないでしょうが、今回それがどういう状態なのか説明すると

人様の素敵な二次創作を読んでうっとりする。(この時点ではどのジャンルでもいい)

ああ、萌えっていい!素晴らしい!とキラキラする。

触発されて脳内の(自分のジャンルの)萌え活動が活発化する。

表現や記述の確認のため原作(ええと主に「黒い仏」とか「キマイラの新しい城」とか)に当たってニヤニヤする。

という感じのループの中にいるので、本を読むヒマが無いわけですね。
イヤな生き物だな…。
というか、精読するとか宣言していたにも係わらずこのテイタラクでお天道様に顔向けが…。
(二重の意味で!)

しかし今日、俄かにモチベーションが上がったので!(それはかえってどうかと)
ちゃんと精読できると思います!
まあ、その、それでも相変わらず萌え萌えしながらなので当社比スピードは落ちると思いますが!




スポンサーサイト



// 23:46 // 東野圭吾
 私の脳内の湯川先生だけが頓狂であることが次第に
2008.10.22(Wed)
明らかになっていく件について。(詳細は過日の日記を)
(こちらから某嶋さんのサイトにリンクを貼れないのが残念でならない)

メールやコメントありがとうございます。
お返事は続きから…。


// 00:52 // 東野圭吾
 あれ?
2008.10.18(Sat)
「探偵ガリレオ」「予知夢」に当たってみたのですが、そんな頓狂な格好をした湯川先生が見当たらないわ…!!!(<過日の日記をご参照のこと)
そして私がのろのろ調べる前に友人某嶋氏も調べてくれていた。ありがとう!

私が見たのは予知夢ならぬ白昼夢でしょうか。
何をそう思ったのかすらわからん。我ながら恐ろしい。

しかしながら、というべきか、おまけに、というべきか、注ぐ愛の差だろうか某嶋さんが書いてくれた湯川先生の私服の描写も見つけられない有様。

これはアレだ。

色んな意味でもう一度読まないと駄目ですね。
時期としてはうってつけだしね。
……。
了解した。覚悟を決めた。
折りよく新刊も出ることだし、ここらでガリレオシリーズを総ざらいさせていただきます。
某嶋さんの新刊(うふ)の準備も兼ねて。

待ってろガリレオ!!!(無駄に好戦的)
// 22:40 // 東野圭吾
 高村薫の本
2008.10.18(Sat)
宝島社文庫。


また私ってヤツはこうやって外堀から…。

とは言っても、未読本だらけ(はっきり言って「黄金を抱いて翔べ」しか読んでません)なので、ネタバレを反射神経で避けつつ、パラパラと。

―――ん?
おや、赤羽台団地が。
ほう…。(ニヤリング)

あそこはエレカシファンだけでなくタカムラーの間でも聖地(の一つ)だったか。

なるほど。
じゃあ、あそこで例えば「どーみても住人じゃない妙齢の(<ぼかした)女性二人組」がいても、エレカシファンだと断定しちゃいけないわけだな。
逆も然り。

しかしおもろいところで繋がったなあ(笑)。
// 21:24 // 高村薫
 ウェディング・ドレス
2008.10.18(Sat)
読了。
前述の通りここのところ萌え萌えしているので、読書スピードが落ちています。

いや、黒田氏というと…。
東野圭吾氏のエッセイでの奇行(笑)とか、大矢さんのサイトで拝見(拝聴)する愉快な言動とか、そっちの方の印象が強くて(罪深いな、東野さん…)、なんとなく読むのを保留していたのですが。
(あ、でもマンガ「逆転裁判」は買った)

この作品の印象は、確かに「善良な本格者の誠実な仕事」というのがしっくりくる感じ。


今気付きましたが、(私は文庫を買ったのですが)この表4のアブストラクト、なんか違いません…?
こんな話だったかしら。
これがホントの叙述トリックってヤツか!?(笑)
// 00:12 // 黒田研二
 ガ/リ/レ/オ/先/生
2008.10.16(Thu)
下(過去の日記)であんなことしてることからもおわかりのように、「容/疑/者/X/の/献/身」の映画が気になります。(少し小さな声で)
(あと、今気になってるのは合/田/刑/事…)(<さらに小さな声で)
とゆーか、「Φ」見ればよかったのか。

うん、堤さんが素晴らしいというのはあっちこっちで聞く。
で、堤さんが素晴らしいということはこの映画、良い映画なんじゃないかと!主役だし。
主役だし。(2回言った)
ガ/リ/レ/オ先生の私服。
短編(なので「探偵ガリレオ」「予知夢」)の方で、草薙さんとの待ち合わせに堅気に見えない服着てきたってのが有った気がしてるんですが。
皮のジャケットだかなんだか…。(原典に当たれば解決するぞ!!俺!!!)
なんかこう、パンクロックミュージシャンのコスプレみたいのを想像してたから、福山くんだったら普通に似合ってしまったんじゃないかと思って。

とゆーかまあ、なんというか、どんだけ変人でも顔が良ければ許されちゃうのが世間てヤツですからね。(つーん)
イヤ別に福山くん嫌いじゃないですよ私!ホント!

えっと、近日中に原典に当たります。
ファンの方(読んでたら)すみません…。
というか、これが私の誤解(妄想)だったら、私絶対もう一回全部読まないと駄目ですよね。
どんだけキャラ誤解してんだっつー話ですよね。

そういえば今月ガ/リ/レ/オシリーズの新刊が2冊同時に発売なんですよね!
や、だからさ、もう一冊くらい某嶋さんが出さないかな、と思ったのー。

以上私信。(<最後に言うな!)
// 00:13 // 東野圭吾
 ほぅ(ため息)
2008.10.15(Wed)
いや~、ひと様の(私にとって)“良い”萌えを拝見すると力が湧きますなあ。
やっぱいい…。萌えはいいよにゃ…(<サトエリキューティーハニーの真似)。


てなことで今スズキは萌え萌えしています。
触るな危険。



// 23:33 // それ以外の話
 増えたなあ!
2008.10.13(Mon)
何がって、ガ/リ/レ/オ/サイト。

やはりドラマの影響でしょうか。
(やっぱり佐野史郎氏では駄)(黙れ)
(あ、某嶋さんが言ってたのはこういうことね!?)<私信
だって一昨年、原作一通りを読んだ時に検索した時は(してんな)、全然無かったもん。
今某サーチ様を見てきたんですが、たいがい昨年の秋以降に登録されたサイトさんだし…。

よきかなよきかな。
よきこときく。(どさくさ)
新たな萌えの鉱脈が発掘されるのはとても良いことと思います。

いや実際、原作で草/薙さんが湯/川先生んとこ行くのって、自覚のあるなしは別にして(無自覚な方が萌えるかも)それ以外の何物でも無い(方が楽しい)気がする。
とゆーか私は原作読んだ時に、草/薙さんて湯/川先生を登場させるためだけに存在するんじゃないか(>作者の中で)、と感じてしまった口なので、草/薙さんの行動原理が無自覚なそれ(ぶっちゃけ恋)だったら大層ときめきます。

一気に面白くなるね!<言外に何を言うているのか

あ、私湯草!(いや一応はっきりさしとかんと)(て、なんかの注文かコレは)


ところで今思い出したんですが、原作で描写のあった湯/川先生の私服ってドラマで出たんですか?
主演が彼だと逆に普通になっちゃって面白くないか…?
結局ドラマ一回も観てないよ…orz。
// 01:18 // 東野圭吾
 いーから皆密室本とかJDCとか書いてみろって。
2008.10.12(Sun)
14ページほどの短い…ええと、評論になるんでしょうか?
タイトルまんまの内容です。
「文学」はだから駄目なんじゃねえの、という題目。
講談社の密室本の企画に誘われて、
JDCのトリビュートに誘われて、
それを打ち破る方法論、戦い方が見えた、俺はこう闘うしかないんだよ、という声明。
しかし虚実が入り乱れていて…これはやっぱり小説になるのか?

まあ、どっちでもいい。
瑣末。

すっごい泣けて元気出た。
それだけで私にとっては無類無比の価値がある。

手段のために目的を忘れていた気がする。
方法にこだわりすぎて動けなくなってた気がする。
あー本当に救われた。
頑張れると思った。
ありがとう、えっと、愛媛川十三≒奈津川三郎≒舞城王太郎!(笑)


そして。
“真摯”で“早い”。
そういう人が好きなんだよ私は!
好きじゃー。

// 22:11 // 愛媛川十三
 ウォンテッド
2008.10.12(Sun)
先週になりますが観てきました。
アンジェリーナ・ジョリーのファンなので!アンジー!アンジー!

アンジーがキレイでした…(うっとり)。
音楽がカッコよかったのでサントラが欲しいです。
あとやっぱ映像がスゴくて気持ちいい。


で、内容はというと、ええ、もちろんネタバレになるので“続き”から。
ネタバレはもちろんですが、あの、色々残念な映画だなあと私は思ってしまいまして、褒めてません(笑)ので、それでも良いという方のみどうぞ…。


// 10:57 // それ以外の話
 モリログ・アカデミィ11
2008.10.08(Wed)
11ですよぅー。
あと2冊ですよぅー。

と、いよいよ“出口”が見えてきてしまった感があります…。
ああ、なんかきっと淋しいだろうなー…。

そのせい(ご本人は終われることを殊の外お喜びのようなので)かはわかりませんが、なんか、時折テンションが高いというか、昔の日記みたいな箇所がありましたね。
スバルさんの“蚊”の話題の時の「やられた!」感満載のコメントが好きです(笑)。
常に森先生の想定の範囲を飛び越す方なのだ。
本当にこのご夫婦、好きだ!

そういえば今回ノーベル賞をとられた益川教授が「大してうれしくない。われわれの研究が正しいと分かったのは2002年で、物理屋としてはそれが1番うれしかった。後は社会的な騒ぎ」と仰っていたのを見て、ああ研究者というのは森先生の仰ってた通りのスピードで生きてらっしゃるのだなあと感慨深かったです。

うーん、頭の一部がスッとクリアになる感じがします。
もっと早い、もっと遠い、もっと高いんだ。


そしてさりげなく挿入…。
函南優一機
ダイキャストモデルの方です。
// 23:12 // 森博嗣
 コメダ珈琲店
2008.10.04(Sat)
名古屋(東海?)では超有名店の「コメダ珈琲店」に行ってきましたあ!
自宅から徒歩圏内に出来ていたので!(ちゅーても片道約2キロあるが)
最近関東地方への出店も着々と増えているようですね!

名物シロノワールを是非…!と思って行ったのですが、店頭のディスプレイを見て断念。
でかいデカイとは聞いてましたが、
デカイよ…!
ホールケーキだろアレ(笑)。

ということでミニシロノワールを注文。↓
ミニシロノワールとアイスコーヒー

あったかいデニッシュパンにソフトクリームが乗っています。
甘!うま!という感じ。
普通サイズのシロノワールは、友人と行った時か、自暴自棄的に爆食したい気分の時にでも再チャレンジします。

店内は木がメインの内装で、流行のカフェと違い席が全部布張りで落ち着けます。
あと流石に珈琲が美味しいです。

うム。(御剣さんの真似)良い。
今度は名古屋名物モーニングの時間帯に来てみたいにゃー。(殊能センセーの真似)


実は徒歩圏内(だがこっちは多分片道3キロくらいある)にもう一店あるのですが、そっちは大型スーパーの真向かいにあって、土日は激混みだろうなーと二の足を踏んでいたのです。
今日行ったところは、近くに大きな店も施設もないし、きっとそんなに混むことはないだろう(失礼?)…と。
良い。(二度目)
しかしながら過去同じような理由で私が気に入った店は、おそらく同じ理由でことごとく潰れてるぞ、要注意!(おまえが、何に?)



ええと、本は読んでますよ(笑)。
ただここんとこなんつーか、待ってたマンガがいっぱい出ててですね…。
「墜落日誌」とか「みつえ雑記」とか。

「墜落日誌」は前巻が出てから6年か…。
一応この5巻(社会見学編)が最終巻だったのですが、えっと2巻からリアルタイムで追いかけているので、じゅ、14年くらい?
大河ドラマやね…。
かように大河ドラマ的に追いかけてるマンガがもう一つあります。
「BASTARD!!」です。
連載開始の時を覚えているのでえっと、に、二十年………!
今やヨーコと言えば別の作品の人のようですが、私のヨーコさんはティア・ノート・ヨーコさんだけなんだ…!(知らんだけですが)

あと、最近買ったのは「理系クン」「理系の人々」
どーでもいいが「理系の人々」は別に理系の人に限った言動じゃないことまで理系の人ゆえの言動ってことになりすぎだと思う…。
ド文系の私だって同じこと思うよ、と思うことが結構…(笑)。
一番面白かったのは「理系に言ったこの一言」でした。
編集女子GJ!
「理系クン」は、まさに今出るべくして出たというか。
ただ、今最も私が読みたいのは
「文系女子と付き合っている理系男子に、自分の彼女はどう見えているのか」が「理系男子によって」書かれてる本だな!
つっか、理系男子はそんなことしたためないから理系男子なんだなって気も…。
// 21:32 // それ以外の話
| そのミステリに用がある |