スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 L  change the WorLd
2008.02.26(Tue)
観てきました。

特に期待も、逆期待(造語)もしていなかったのですが、や、かなり面白かったです。
スタッフの“気持ち”、“思い入れ”が清々しい。
松ケン(略すか?)Lも好きです。

ただ、まあ、はっきり言って、そんな人の方が少ないんでしょうからとゆーか、あんまりいないんだろうから仕方ないんですが、映画「DEATH NOTE 後編」のネタバレがあ!!
観てないんですよね私、後編だけ!(笑)
ま、いいですけど…(笑)。
(ご存知ない方がどれくらいいらっしゃるかわかりませんが、漫画と映画はラストが違うのです。今までなら“違うらしい”としか言えませんでしたが、今回でハッキリしました(笑)。違いました)


グッズ売り場で、例の“マスク”(お面とも言う)が売り切れてたのは笑いました。
同行の方(オタでも腐でもない真っ当な方です)が「あんなもの買ってどうするのか」と不思議がっていたので、「そりゃあ夏コミでスペースに飾るんじゃないですか」と答えておきましたが、本当のところはいかがですか同志(笑)。
いや、デスノで活動はしませんが。


えっと…。
余談はさておき、本当に面白かったです。
DVD出たら買う気がします。


追記。
パンフ見てたら、松ケンてばプライベートの一人称が、“わい”…!
やべえ、ちょっと、萌えた!
スポンサーサイト
// 23:37 // それ以外の話
 七十五羽の烏
2008.02.26(Tue)
えっと、昨日読了致しました。

本格とは「構造」であると再び認識した次第。
キャラクターとか情とかってのは副産物なんですね。
以前殊能センセーがインタビューで話してらしたのを思い出しました。

いやもう、一般人は副産物にばかり目が行っちゃって、思うツボだと思いますが、
楽しいからいいんです。
半分負け惜しみですが、半分は本気です。
// 23:15 // 都筑道夫
 さよなら絶望先生
2008.02.21(Thu)
相変わらず楽しませていただいてます。

先生、超カワイイ…。
なんかすぐ泣くし!
「買ってくれるんですか?ありがとう」
と、
コミックスで、千里ちゃん似の裁判長の首を見て
「ひいやあー!」
て泣いてんのが超ツボでした。
もう鷲掴みですよ。

普段あんなに丁寧なのに時々「てめー」とか言っちゃう(おまけに命兄さんとか倫ちゃんとか家族限定)(ですよね?)とこもまた…(悶)。
そらあ、藤吉さんでなくても(て、“藤吉さん”でなくても“腐女子”なのでこの文法は当てはまらんか)萌えるわい!!

いやもう、世間様では知れ渡っていると思うし、今更言うのもアレですが、藤吉さんは先生に萌えてると思う…。
でなきゃ、先生がメガネを外してきたくらいであんなに“沸いた”り、恵方巻を無言で咥える先生を見てニャマリと笑ったりはしないと思う!(笑)
ええもう、いくらでも“参考”にして、先生本出していただきたい!

しかし久米田先生は腐女子の心理をよく分かってるよな~。

// 20:14 // それ以外の話
 七十五羽の烏
2008.02.21(Thu)
の中の「七十五羽の烏」を読了。

物部太郎氏がユニークですよねえ!
好きだな。
直次郎とのコンビもなかなかいいと思うのですが、今ひとつ一般に普及していないような…。

えっと、太郎さんもちょっと石動さんに通じる可愛らしさがあります(笑)。
「コーヒーが飲みたい」とか「腹がへった。腹がへった。腹がへった。」とか(笑)。
(ここだけ書き出しても伝わらないでしょうが)
それを軽くいなす直次郎氏が保護者っぽくてそこもいい。

これで直次郎氏がもう少し、太郎さんを好きだと成立するんですが…。惜しいな(何が)。

物部太郎シリーズ、あと二冊を注文してしまいました。

// 19:52 // 都筑道夫
 七十五羽の烏
2008.02.15(Fri)
昨日から手をつけまして、それでもまだ、物語の導入部なのですが…。


これ、おもろい。



// 08:45 // 都筑道夫
 さよなら絶望先生 第九集
2008.02.14(Thu)

あ。




やられた…。(色んな意味で)
まさか原作でやられるとは思いませんでした。
先生…。気付いた時点で引き返そうぜ…(笑)。
↑「眼鏡子の家」の話。

まあ…。“のべつまくなし”だったんだから別にいいのか…(笑)。
// 09:08 // それ以外の話
 火蛾
2008.02.13(Wed)
読了。

不思議な話だった…。
面白かったです。
面白かったから、一日で読んでしまったのです、が…。

幻惑された。
という方が近い気がします。
まさに異教の世界に放り込まれた感覚。

うーん…。
これを読んで、本格ミステリに限らず作家、ストーリーテラーというのは、読者をいかに作品に引き込むか、納得させるか、というのが命題、それが出来る人が“作家”なのだなあと悟った次第。


近況。
「さよなら絶望先生」9巻が買えました。
// 23:59 // 古泉迦十
 本格推理15
2008.02.12(Tue)
読了致しました。

過日も書きましたが深川拓氏の「情炎」、それとやはり石持浅海氏「利口な地雷」がダントツで面白かったです…!
「本格推理」掲載の石持作品はこれで全部読めたので、ここはやはり「5」を入手して深川氏の「春川シリーズ」をおさえておきたい。


近況。
「さよなら絶望先生」に夢中。
遅いですか。いいじゃないですか遅くても。
糸色先生超カワイイです。超受だと思います。
(ここでは詳しく書きませんが色んなフラグが立ちすぎです)
本当に残念ながら相手がいないのでカップリングが組めませんが。
漫画も面白くて、なんたって今、なかなか本屋に全巻揃っては置いてありません。
密林でも品切れです。
楽天でも品切れ。
7&Yモバイルでも品切れ。
私もあっちこっちのリアル本屋で少しづつ揃えたんですが、9巻だけ…まだ…。
今週末に12巻が発売になるので、合わせて増刷してるんでしょうが…。

そう、漫画も素敵なんですが、やっぱアニメがすごいです。
最強“テロアニメ”の名に恥じない。
全国ネットに乗ってないのが残念ですが(というか乗らないからこそ面白いんでしょうが)、是非見て下さい(笑)。
// 23:59 // アンソロジー
 買ってしまった2
2008.02.06(Wed)
「さよなら絶望先生」第二集。

絶望先生、超カワイイ…。
受だなあ…。相手さえいれば(笑)。
石動さんに通じるカワイサがあると思うのは私がイスルギストだから…かな、やっぱり…。(遠くを見ながら)


// 21:31 // それ以外の話
 本格推理15
2008.02.06(Wed)
昨日から読み始めたのですが…。

「情炎」深川拓氏作が、すごく面白い!
キャラクターも完成してるし、プロの作家さんのシリーズもの短編を読んでいるようでした。
作者のコメントのところに、自身の作品をネットで公開してます、とあったのでお名前で検索してみたのですが…。
(いやつまり「シリーズものの短編」みたい、という印象の何割かは“キャラクターの人物設定に説明が無い”ってのもあるわけです。ただ、それよりもそのキャラクターがなかなか良くて“もっと知りたいと思った”という方が大きかったんですが)(春川氏イイ!)


なんか、ゲーム?とかラノベ?みたいな作品がやたら引っかかるんですけど…。
同名異人?
それともご本人…?

// 09:19 // アンソロジー
 アルキメデスは手を汚さない
2008.02.04(Mon)
小峰元氏著。

読了致しました。
田中君が好きだな。(笑)

どうもあんまりのめり込めませんでした。
“青春”小説という側面、特色もあるということから、ま、ありていに言って私が思春期ではない(思春期と書くのもこそばゆいっていうか苦笑しちゃうぜ)、というのも理由になるかもしれませんが、私は自分が子供の頃から、大人が大人だというだけで敵対心を燃やすような心理が理解出来ませんでした。
理解出来ないというより、ぶっちゃけた話、そりゃ違うだろ、と思っていたという方が近い。
「大人はずるい」とか「大人はわかってくれない」とかいう常套句がありますが、
ずるい大人がいるだけで大人がずるいわけではない、と思っていました。
わかってくれない大人がいるだけで以下略。
―――と、信じていたと言った方が正しいかもしれない。
まあそもそも、同級生とだって全てを分かり合えるなんてことは無いわけで、大人だろうがなんだろうが一緒じゃん。
近い人と遠い人がいるだけだ。
近いか遠いかを測るのは年齢ではない、と思っていました。

なんかそういう感情を刺激されて非常にもにょもにょしました(笑)。
いや、なんつうか、もにょもにょしてた過去を生々しく思い出したというか。
そのあたりをもにょもにょしなくて良くなった分、大人になってよかったなあ!と思いますよマジで!

暴走気味…。

でもこれ、読んで誰に感情移入出来るかで読み方が変わる作品ですね。
私は断然田中君だな(笑)。

// 23:38 // その他の読書
 買ってしまった
2008.02.01(Fri)
BBSの方でちょっと書きましたが、やっぱり買ってしまいました。
「さよなら絶望先生」第一集。

これを読んでいて、「マカロニほうれん荘」(好きだったなあ)を思い出してしまう私は1960年代生まれ…。
あんなにクドくないですけどね絶望先生は。

つうか、絶望先生カワイイよ絶望先生。
BL界にいてもいいキャラだと思うなー。
や、だってこの漫画の男子向けお色気(?)シーンを女子向けにするだけで成立するじゃないですか!
絶望先生が妙に女子にモテるのを男子にすればいいだけだし(笑)。

こういう、ギャグ漫画ってあるのかなーBL界には。
あるなら見たいぞBLギャグ漫画。
// 00:05 // それ以外の話
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。