スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 ウィッシュルーム 天使の記憶
2007.05.31(Thu)
チャプター6泣けるー!!!
ええ話や!!
また簡単に使いっぱになってるけどな!
笑わせてもらったぜハイドの旦那!(笑)



今更な話題ですが、チャプター2あたり?のルイスとカイルの会話で、ルイスの「わかるよ、あんたはそのブラッドリーのこと…」に続く言葉が
「愛してるんだろう?」
だったらどうしようかと、ちょっぴりマジでハラハラしました。
(またなんで、あのセリフの前にあんなに溜めが入るんだ)

その時はそんな自分を嘲笑いましたが、章が進むごとに、なまじっか笑い話でもないような気がしてきます。
そりゃアンタ、好きなんだよブラッドリーを!と言ってやりたい気持ちでいっぱいです。

そこでレイチェルですよ。(何故)
「愛してるのね、彼を」
とか言ってくれないかなあ。(絶対に言いません)


これだから腐った人は…。
スポンサーサイト
// 22:38 // それ以外の話
 ウィッシュルーム 天使の記憶
2007.05.31(Thu)
いえーい!!

さっきチャプター6に入りましたぁ!

いやあ…。
カイルさん(というか私)の小心な行動が面白くて(笑)。<チャプター5
でもだって、そうするしかないじゃん!!
見つかったら終わりじゃん!!

そして、あのクソガキにはちょっと手こずりました(憎々しげに顔を歪めて)。


ところで。
いやもう、まったく根拠もない、ただのカンなんですけど、この事件の黒幕って(ここ反転)エドだったりしませんか?
考えすぎ?
まあ、終章までやりきればわかることですね。
// 21:28 // それ以外の話
 ウィッシュルーム 天使の記憶
2007.05.30(Wed)
やはり見落としていたアイテムがありました。
自分の弱点は注意力だと思い知った次第。

その後、なんかローザに使いっパシリにされてますけど…。
カイルさん、実は底抜けにいい人なのでは…。


ちなみに今(未だに?)、チャプター4。
// 23:51 // それ以外の話
 そんな私は
2007.05.30(Wed)
「レイトン教授と不思議な町」のサントラが有ったら欲しいと思っています…。
それとは全く関係ないですが、サウンドファイルに「当然さ。英国紳士としてはね」が欲しかったですよ…。
次の「レイトン教授と悪魔の箱」もレイトン教授は大泉洋さんなのかしら。
絶対そうして欲しいんですけど。
教授のあの声、あのしゃべり、私大好きなんですけど。女子(<おこがましい)として萌。

// 21:02 // それ以外の話
 ウィッシュルーム 天使の記憶
2007.05.30(Wed)
昨日の袋小路からは脱出出来ました。
(結局各所でアイテム全試しをしようとしてて、「あ!これだ!」と気付いた)

その後、パズルの仕掛けも軽く解いて(自慢自慢)、アイテムも手に入れて、行けるところは全部行ったんですが…。

また何も起こらない状態になってしまいました。
ホテル内を徘徊するのみ。

ただ、昨日、ストーリー展開を急ぐあまり、青文字のモノローグ(重要なポイントはカイルが青文字で独白してくれる)を見落としてる可能性が…(苦笑)。

会社の同僚に話したら、「何かアイテムが足りないのかも?」とアドバイスされたので今後さらにホテルの床をすり減らす予定。


しかし、あのホテルの宿泊客はあんな場所(西海岸の荒野のど真ん中って感じ)で一体どこに出掛けてんだ!
部屋回っても誰もいやしねー。

それとも居留守?
だとしたら、カイル(というか私)がノックした後に、ガチャガチャとドアを開けようとするの、恐怖だろうなあ…(笑)。
自分がリアルでホテルに泊まってて、そんなことが頻繁に(ゲームの中では1時間かそこらの内に何回も)有ったら間違いなくフロントに訴えるよ…。


ところでこのゲーム、重要なアイテムを発見すると♪てらりらりらりん♪という効果音が出て、どーも何かを思い出すなあと思っていたのですが、わかった気がする。
「ゼルダの伝説」で、やっぱり何かアイテムが出ると、(もっと高い音だったけど)こんなメロディが流れたような…。
ゲームの「音」って意識しなくても覚えてますよねえ。

// 20:57 // それ以外の話
 ウィッシュルーム 天使の記憶
2007.05.29(Tue)
さあ、行き詰まってまいりましたあ!(泣)

昨日のゲームオーバーの後、その原因となった場面をトークで切り抜け(笑)、物語を進めているわけですが…。

今や、何も起こらなくなってしまいました。
生殺しです。
ホテルの中をうろうろしてるだけ…。
登場人物に話しかけても、用なら後にしてくれと言われる始末!
日曜日のお父さんか!
大体、ホテルから出られないし!軟禁じゃないかこれ。

何か見落としてるんだなー…。
もう各所でアイテム全試しするしかないかしら…。
// 22:10 // それ以外の話
 ぎぃやぁぁぁぁ
2007.05.28(Mon)
なんだ!なんだよ!
某人物と話してたら、突然ゲームオーバーにぃぃぃぃぃ!!!!

お前(某人物)も何だよ、手のひら返したように急に態度変えやがってえええ!!!
カイルー!お前もじゃー!
「だめだな、おれって」じゃねえ、こらあ!
そんな簡単に諦めるなああああ!!!!




衝撃の映像は“続き”から。
// 23:22 // それ以外の話
 ウィッシュルーム 天使の記憶
2007.05.28(Mon)
「DSでミステリー」がキャッチフレーズのソフト。

DSを買ったら是非やりたいソフトでした。

最初の感想。
「カイル、大人気ねえ!!」
そんな本気で怒るなよ、子供相手によう(笑)。

あと!調べたいところが調べられなかったり、取りたいものが取れないのがもどかしいー!!
コレ!おい、コレ取らせろよ!と何度思ったか(笑)。


まだまだ序盤ですが、だんだん人間関係や背景が複雑になって、面白くなってきました。

しかし今日、すでにクリアしている勤め先の同僚と話していて、どうもこのゲーム、「失敗するとそこでゲームオーバー」ということもあるそうで…。
そんなシビアなゲームだったとは!!!!
ひー。

今のところなんとかゲームオーバーだけは喰らわずに続けています。
でもその同僚との話で、①(これが何かは“続き”にて)のシーンで②を③るのに、④の使い方を間違うとそこでゲームオーバー、と聞いていたので…。
何度やり直したか(笑)。
普通に手を出してたら即アウトでしたよ。
半分ズル(笑)。


さあ、お話も面白くなってきたし、真剣に頑張ります。



ミステリ読書日記といいつつ、ここんとこDSの話をしてるのは、そのソフトが謎がらみだからです。
謎が解けるのが好きなのです。
自分で解こうが他人(作中の探偵氏)が解こうが関係ないみたい。


ネタバレの①②③④は“続き”から。
肝心な部分は反転してありますが、このゲームをいつかやるつもりの人は絶対見ないで下さいね。
つまんねえだろ、ネタバレした謎なんて。



// 22:37 // それ以外の話
 レイトン教授と不思議な町
2007.05.26(Sat)
最後のブロックパズルが解けねえよ…!

いや、単に手数(てかず)の問題で、いつか解けるのはわかってるんですが!(つかもう間違いなく2000手は動かしたよ!)(<本当は絶対もっと少ない手数でクリア出来るはず)
そういう問題ってモチベーションの維持が難しい…。
また気力が回復したら手を出そうかな、なんて…(ごにょごにょ)。
本当に「最後の問題」(のはず)なので、早く解きたい気持ちも勿論ありますし。

てなことで、初志ぐにゃぐにゃで「ウィッシュルーム」に手をつけちゃうかもしれません。
私、英国紳士じゃないもん。(目を逸らしながら捨て鉢に)




// 23:03 // それ以外の話
 エレファントカシマシ日比谷野外音楽堂 「俺達の明日」
2007.05.26(Sat)
楽しかった…!!

一曲目、「夢のちまた」でもう、持っていかれました。
声が出てる!ものすごく出てる!素晴らしい。
圧倒される。「声」で感情を刺激される。
泣きそうでした。

野音は練習をちゃんとする、と言ってたし、ライブも間が開いていたのでさもありなん、ではあるのですが。

あと「風に吹かれて」も声にやられた。
ライブで久しぶりに聞く曲や、その中でも好きな曲が演奏されて、Cブロックにもかかわらずグワーッとステージに集中出来ました。
「愛の日々」は本当に聞くのが久しぶりで…。
これ、こんな歌だったんだ、と。
「君が笑う 俺達の部屋の中で いつもの場所 いつも通りの顔で 傷付けあおう 愛の日々を」
なんかすごくラブソングだったんだなあ。

「生命賛歌」「ガストロンジャー」も楽しかったですが「so many people」が!!
久々で!
超キました…!

最初の数曲を聞いたところで、「ああ、このセットリストで、ライブハウスでやってくれてたら、すっごい盛り上がるのに(私が)!超モッシュするのに!!」と思ってたんですが、「so many~」が決定打。

もう、恥ずかしげもなく跳ねてきました。
(自意識過剰傾向なので座席のあるライブって割と大人しいんですよ)

ああ、楽しかった。

ライブの楽しさって、私の場合、ステージにどれだけ集中させてもらえるか、なんですが、今日は本当に楽しかったですよ。


迷ってたんだけど(<迷ってたんかい)9月のライブも申し込むよ…。
 





// 22:51 // エレカシ
 レイトン教授と不思議な町
2007.05.26(Sat)
「全てのナゾを制した者の部屋」のナゾの内、2個までクリア!

最後の…最後の、3個目が………!!!!


“過去「倉庫番」にハマッた”発言も取り消します…。
まあ、ハマッたとは言っても、単に「ブロックパズルはこねくり回しているうちに必ず解ける」と信じられるようになった、というのが成果らしい成果という情けない人間なので…。
今回もやってるうちに解けるはずだとは思ってるのですが、二進も三進もいかなくなることが度々有って、くじけそうです。

…くじけないけど(涙をふいて笑いながら)。


今日、エレカシのライブなんですが…。
野音に持って行っちゃいそうだな…(女子としてどうか)(いや大人としてどうか)。
// 14:41 // それ以外の話
 レイトン教授と不思議な町
2007.05.26(Sat)
「2つの部屋」、配置完了…!!!(天を仰いで)

で、「レイトンからの挑戦状」に出現した「人の心を捉えられる者の部屋」をなんとかクリア!!
ぜいぜい。

あとは「全てのナゾを制した者の部屋」を残すのみとなりました!


が…。

今日のところは…寝…











// 01:44 // それ以外の話
 レイトン教授と不思議な町
2007.05.25(Fri)
やった…。

ストーリー内のなぞを全て解きました!

その前に「なぞのパーツ」と「めいが」も完了。
「なぞのパーツ」はもっと早く完成させればよかった…。
役に立つじゃん!!

しかしまだ「2つの部屋」の調度品の配置が…!
満足度が「まあまあか」と「なるほどね」なんですけど!!
大満足させるにはどうしたら!!!

そして「レイトンからの挑戦状」もクリアしないと!
「全てのナゾを制した者の部屋」って、ストーリー内のナゾを全部解いただけじゃ駄目なんだなー。

するってえと、まずは「2つの部屋」をクリアしないといけないってことね…。


すみません、「クリアした」を取り消します…(みずしな孝之氏のよう)
// 21:17 // それ以外の話
 というか
2007.05.25(Fri)
今「なぞのパーツ」が全部揃った…。
そういえば「めいが」も完成してない…。
(本当に“一応”のクリアだったと…)

ナゾはあと3つ。
// 00:01 // それ以外の話
 レイトン教授と不思議な町
2007.05.24(Thu)
一応クリアー!!
15時間15分。
なんで一応かと言うと、解いてないナゾが5個あるらしいので。
全部解くとまた新しい展開が待ってるらしいのだ…。
ナゾを解かずに放っておくなんて「英国紳士の名折れだ」ですよ。

頑張ってみます。

絵も凄いキレイでカワイイし、キャラクターも良かったし面白かったです。
レイトン教授、素敵~(目がハート)(<表現が20世紀)。
声がいいの!ハンサム声なんだ~。
既にクリアしている同僚との間で「英国紳士としてはね」がキテます(笑)。

驚いたのは、あの声、大泉洋さんなんですね!!!
あんなハンサム声、出るんだ!!(失礼ですよ)
ねずみ男なのにな(笑)!(実写版ゲゲゲ)
CMに出てたのは覚えてたんですが…。

しかし世にハンサム声という人は結構いますよね。
歌声がハンサム、といえばサンボマスターの山口氏とかキャイ~ンの天野氏とか。
声がいいと好感度が一気に上がりますよ…。

閑話休題。

問題の難易度も(私には)絶妙でした。
じっくり考える、発想を転換する、諦めずにシミュレーションする。
過日も書きましたが、自分が解かないとその問題自体が終了しないので、やるしかないんです!
そして頑張れば必ず解けるのです!
といいつつ、チェスの問題は何を問題にされてるのか、最後でやっとわかったんですが(駄目じゃん)。
あと、昔とったなんとやら、ですが「倉庫番」にハマッたことがあって良かった(笑)。

エンディングムービーで少しホロリ。
良いお話だったし、レイトン教授達の未来も気になります。
ゲーム中は気付かなかった(描写が無かった)けど、レイトン教授結構ガニ股?(笑)そして結構マメ(笑)。

久しぶりに本気で“考え”ました。
そしてそうすると、ものすごくお腹がすくことがわかりました(笑)。

// 21:53 // それ以外の話
 プロフェッショナル 仕事の流儀
2007.05.22(Tue)
NHKの番組ですが、今日は装丁家の鈴木成一氏でしたね。
ザッピングしてたら、本、装丁、鈴木、というキーワードが目と耳に入りまして「あ、これは鈴木成一さんだろう」と思ってしばらく見てたら果たしてそうでした。

森博嗣先生の本の装丁を何冊かなさっていて、エッセイで時々お名前が出てたので気になっている人ではありました。

ヤクルトの古田監督兼選手と鶴見辰吾を足して二で割ったような風貌でした。
あんなに大きくないでしょうけど。

自分が楽しいと思えること、得意なことで社会と交わる、社会に出ていくのが一番いい。
というような話題が出ていて、ずしっときました。
間違いなくその方が効率がいいものな。

私のそれは何なんだろう。
未だ模索の最中、というより、模索すらしてこなかった気がします。

// 23:11 // ミステリの周辺
 やばい
2007.05.22(Tue)
NintendoDS Lite(ジェットブラック!)を手に入れてしまった…。
勢いで、テレビCMや、人様のサイトでその評判を見聞きして「あ、これやりたい」と思ったソフトも一気に手に入れてしまった。
「ウィッシュルーム」「レイトン教授と不思議な町」「逆転裁判4」

ひとまず捜査じゃねえ操作に慣れる為に軽めのものからと思い「レイトン教授と不思議な町」を始めてみました。

やばい。
楽しい。
元々「頭の体操」が(ほとんど解けないんだけど)好きだったしなー…。
意地になって解いてしまう。
ナゾを解くのに時間制限が無いってのはいいですね。
本みたいに次のページに答えは載ってませんしね(自分が解かないと答えが出ない)。
その代わり2時間くらいあっという間に過ぎてますけど…。
そしてものすごくお腹がすくんですけど…。

森先生が、「ゲームは時間をとられるから、ある時から一切やめた」と書いておられましたが、確かに…。

自分がマルチタスクじゃない(あるいは、そうだとしてもかなりメモリが小さい)、ということは、自覚しているのでちょっとセーブしつつ(<ゲームだけに!)(……)ハマろうと思います。

「逆転裁判4」は1~3を先にやった方がいいのかもしれないなあ。
あれはハードが違うのか…。
// 23:01 // それ以外の話
 ペルシャ猫の謎
2007.05.21(Mon)
「わらう月」
第三者の視点でアリスさんが語られることって少ないので、貴重な作品ですね。
ここで推察されるアリスさんの特徴。
初対面でなめられやすい(笑)。

しかして、そこが、アリスさんのいいところです(真顔)。

「暗号を撒く男」
朝井姐さん、イカスー!!
「○○関係です」は名台詞だー!
あと
「先生と一緒に?」
そこだ、朝井姐さん!(笑)
冗談(え?)はさておき、この三人だと会話が面白いですよね。
一度、朝井さんも一緒に謎解きをしてくれたら楽しい。
不機嫌そうな火村先生が子供っぽくてカワイイです。
でも最後には笑うの…。

「赤い帽子」
好きだー!!すごい好き、この話!
本当に魅力的な人物を描くよねえ有栖川先生は。
人物そのもの、と、魅力的な関係、か。
刑事さん達の群像劇としても面白いし。
実はこういう「チームもの」に弱いのです。

恵一くんは正直で素直なええ子やなあ、と(何故か関西弁で)。
船曳さんや鮫山さんに大事に厳しく見守られてる。
こういうふうに育てられた人は、十数年後に後輩を同じように育てられる人にきっとなる。

// 21:51 // 有栖川有栖
 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪占い
2007.05.20(Sun)
やってみました。
結果↓
(映画公開期間中はここに結果と占いへのリンクがありました)
(スズキの結果は「悪魔くん」で“天才肌の奇人変人”みたいな記述がありました)

まあ、良い方じゃないでしょうか(苦々しく顔を歪めて斜めに視線を落としつつ)。
「ほへと数秘占術」とかいう占いだと「狂っている。人によって一見普通の場合もある。」とか書かれたからな!
断言かよ!
「人によっては普通」と、誤読して一瞬ホッとしてしまいましたが、よく読むとそうは書いてないですよね!
「一見普通の場合もある(が中身は例外なく狂っている)」なんですよね!!(憎々しげに)


某大好きサイトのO様が紹介なさってた萌えキャラ占いだと「妹」だったんですけど…。
それがなんだというのか…。
「狂って」いて「悪魔くん」に「妹」を足したところで気持ち悪いだけです…。


あ、でもアニメ「悪魔くん」のオープニングはカッコよかった!
♪エロイ~ムエッサイム、エロイ~ムエッサイム
 さあバランガバランガ呪文を唱えよう♪
あ、♪涙が風になる♪ってフレーズが良かったんだ~。

それがどうした、とか言ってはいけない(自分が一番よくわかってます)。
// 22:19 // それ以外の話
 S&Mシリーズ
2007.05.20(Sun)
そういえば、10冊中、5冊目くらいから登場人物に「美人」とか「女学生が憧れてる」だのって形容が目立つようになったなあ(笑)。
(特に女性。萌絵嬢とか国枝先生とか)

多分ね、これも森先生の「実験」だと思うよ…(笑)。


// 19:37 // 森博嗣
 ヒムラーですが
2007.05.19(Sat)
何か?

ここんとこの日記でなんか火村先生に愛のない記述をしてたかなあ、なんて思って自己主張(笑)。


で、思い出したことが一つ。
お友達にGかみさんという素敵女子がいまして、彼女に己がヒムラーであることを告白(※このへんの事情は長いので後述)したところ、以下のようなメールが返ってきました。

ハイッ!私もー!
エレカシの「襟を正してキザなセリフを吐け」て歌詞でいつも火村先生を思い出す程度にはヒムラーです。




撃ち抜かれました。
んもう、Gかみさん大好き!!チュー!!
てな即レスをした私の気持ち、誰かわかってくれるでしょうか(弱気)。
卓越したセンスだとは思いませんか。
素晴らしいよ…!
ヒムラー、という単語で、あの衝撃と感動が蘇ってきました(笑)。

今や、エレファントカシマシの「暮れゆく夕べの空」を聞くと火村先生を偲ばずにはいられません(死んでねえ)。

襟を正してキザなセリフを吐け~~♪


※Gかみさん。
 彼女とは前のジャンル(げ、芸能…)からのお友達なのです。
 腐敗レベルは私より確実に上(笑)。
 ハイパーでソリッドなセンスを持つ腐女子。
 同じバンド(いわずもがな…)のファンなのです。
 で、ジャンル移動するかも…。実は…。と告白したという経緯。
 ちなみに今回カップリングは逆だった(キニシナイ!)。
 あ~、私も久々に怒髪天のライブ行きてー!!


追記。
しかして、この衝撃と感動はエレカシと有栖川作品を両方知ってる人でないと伝わらないかも、とちょっと不安。
歌詞を書いただけで伝わるか!?…伝われ!(笑)
// 14:52 // 有栖川有栖
 ペルシャ猫の謎
2007.05.18(Fri)
まだ一作目、「切り裂きジャックを待ちながら」

火村先生がカッコよすぎる!(褒めてません)(笑)
いや、あの、ええと、カッコつけすゴホンゴホン。
ゴホンといえば龍角散。<これはR30くらいですか
(どうでもいいけど「龍角散」が一発変換だった…。侮れねえなMS…。)
作品全体が舞台、演劇っぽいということかな。
歌舞いてるということか。

その他、船曳警部の「鮫やん」公式発言あり(笑)。

それ以上の感想は内容に触れますので“続き”から。
// 23:08 // 有栖川有栖
 英国庭園の謎
2007.05.17(Thu)
読了ー。

楽しませていただいた。…色んな意味で(笑)。

「三つの日付」
アリスさんがかわいー(笑)。
なんつうかこう、人間味がありますよね。
火村先生が割りと森下さんに素っ気無いのが笑えます。
年下だからか?
森下さんは火村先生の活躍をわくわくしながら見守ってるようなのに…。(「ブラジル蝶の謎」で「蝶のように舞い蜂のように刺す」とか言ってるしな…)
つか、それがうっとーしーのか(笑)。

「完璧な遺書」
火村先生が感じ悪くってカッコいー!
「畜生」って言葉尻をとらえるところとか最高。(おかしなツボだとは思います我ながら)
容疑者(倒叙式だからこう書いていいですよね)にまで声が渋いとか鼻筋が通ったシャープな顔立ち、とか思われてるところが…。
…笑える。すいません。

「ジャバウォッキー」
大好きー!こういうの、大好き。
アリスさんもカッコいいしね!
二人で始末をつけようとするのも好ましい。
意気に感じる、ってやつ?或る意味友情、愛情だよね。
しかし誰からかかってきたかわからない電話で「とっくに起きてました」なんて反射的に言うあたり、相当な負けず嫌いだねアリスさん!!
笑った。
しかしこの短編で特筆すべきはやっぱり天体望遠鏡でしょう…。
アリスさんのみならず女性読者のハートもがっちり鷲掴んだよな、これは…。
ええ、掴まれましたが何か?

「英国庭園の謎」
アリスさんの空想癖全開(笑)。
迷路のこととか(<「やあ、失敬」じゃねえっての・笑)自動車ディーラーのこととか。
多分顔に出てる(笑)。
で多分、火村先生はそれに気付いてる。
それぐらいハッキリ顔に出てると思う。
そしてアリスさんが見目良いものに魅かれる習性があることがはっきりわかる作品。
森下さんの姿が様になってるとか、女性の横顔がチャーミングだとか(おまけにその表現の繊細なこと!)。
捜査に全然関係ないことに目がいってます。
見えます。吸い寄せられてます。
でも、火村先生も女性には少しソフトだよね。
その他、鮫山さんと森下さんの様子とか、鮫山さんの神経質っぽい描写とか、資料的価値(笑)も高い一編でした。


全て美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

次は「ペルシャ猫の謎」

猫~猫~♪

// 22:44 // 有栖川有栖
 私にとっての森博嗣作品
2007.05.16(Wed)
今日、少しだけ心理学の文献?を読みまして、そこで「ああ、私にとっての森作品てこれかも」と思ったので書きます。

書いてあったのは、「数値化」という現象。
気持ちを数値で表すと興奮がおさまって冷静になりやすいんだそうです。
「掃除やりたくないなあ」
「どれくらい?」
「100%…てことはないなあ。やった後気持ちいいのはわかってるし、やるべきだと思うし…。80…70%くらい?」みたいな。
(例えが悪くて申し訳ない)


私にとってのそれは「すべてがFになる」での犀川先生の中の数人の人格の描写が、最初だったんじゃないかと思うのですが…。

これ、実感としてわかる、と思ったんですね。
で、そういう状態の時の「自分」てどれになるんだろう?と。
そう考えること自体、普段、「その内のどれかに自分を決めている」ということに気付いた。

そしてそんなこと決めなくてもいいんだ、と思った。

何かの事態、現象に直面する。
私の中の何パーセントかが、それを面白いと思う。
何パーセントかが、馬鹿馬鹿しい、と思う。
何パーセントかが、哀しい、と思う。
何パーセントかは、全く別のことを考えている。
などなど。

例えば、そのパーセンテージの多いものが自分、なのではなくて、全部が自分。
選んで、それ以外を捨てる必要なんかない。全部が、自分。


そう思えた。
すごくすっきりした。

そう考える感覚に森作品で目覚めた、と思う。
これまでにも何回か書いた、「単純化しない」ということ。


単純に、「数値化する」という行為自体も「理系」っぽいしね(笑)。

森作品と出会う前と今の私は同じじゃないな、と思う。
まあ、なんでも、誰でも、そうなんだけど。


あ、でね、その「数値化」なんですけど、楽しいことや好きなことに対してはやっちゃいけないそうですよ(笑)。
冷静になっちゃうから。

// 22:40 // 森博嗣
 英国庭園の謎
2007.05.15(Tue)
本日よりー。

ああもう、本当に好きだ本格ミステリが!!!(握り拳!)
単純に楽しい。わくわくする。
以前にも書きましたが、私にとって本格とは「作者が創造した遊園地」で、そこで思い切り楽しみたいのです。

森先生の作品を読んで、これまで見えなかった自分が見えたり、感じなかったことを意識できたりするのも無論大切だし、稀有な体験だと思うのですが、それとは全く別の、純粋な楽しみ。


今丁度「竜胆紅一の疑惑」まで読みました。

んん~、アリスさんのキャラが立ってる短編集ですね!
心の声が大きいというのか(笑)。
「雨天決行」では、もの書きに対する脅しか!と一人いきり立ったり、樺田警部の甘い声に反応してたり、被害者の友人のうなじの黒子に見蕩れたり(笑)。
あ、あとスペイン人が顔を見ただけで火村先生に話しかけるとこも笑いました。

「竜胆紅一の疑惑」の片桐さんがいい人でホロリ。
ああ、「マジックミラー」(大好き!!)を思い出したよ…。


後半にもアリスさんのキャラがクローズアップされる「三つの日付」「ジャバウォッキー」「完璧な遺書」が並んでいますからね!
読み進めるのが楽しみです。

// 21:43 // 有栖川有栖
 ブラジル蝶の謎
2007.05.14(Mon)
読了。

「妄想日記」は火村先生がカワイイです(笑)。
というか、アリスさんが殊更に可愛く表現してると思う…。
子供のように体を弾ませてスプリングを軋ませた、とか。
あ、それと気になる口調。
「存在理由を示してみなさいよ」。

ツンデレか!

一部不適切なツッコミが有ったことをお詫び申し上げます。

あとね、仕方ないということは重々承知(アリスさんは語り手だから)で言わせていただく。
アリスさん、火村先生を見すぎです。
表情が変わっていく様子を、ずっと見てるんだよね。
“笑みが広がっていき”なんだよ“笑みが広がり”じゃないんだよ。
“ついには低く笑い出”すまで、ずっと見てるの。
ああ~もう~(地団駄)。

「彼女か彼か」
これは珍しく読んでる途中でトリックの肝がわかってしまった作品でした。
なんつっても蘭ちゃんがいいですね(笑)。

「鍵」
面白い話はないか?と言われてこれを話す助教授はちょっと悪趣味だと思いますがどうか(笑)。
そしてオチをアリスさんに言わせるのもどうか!!何か試してんのか!?(笑)
それと、助教授の三年前のスケジュールを記憶している作家さんは、もうね、誰なんだと!!
この場にもう一人誰かがいて、アリスさんがこの推測を口にしてたら間違いなく30メートルくらい引くね。
「おまえ、変!」てなもんでしょうよ…。

「人喰いの滝」
雪道で「気をつけろよ、先生」と言われてアリスさんがムッとしてますが…。
作中でも触れられてますが、これは「46番目の密室」の一ヶ月ちょっと後の話なんですよね。
(なんだかんだ言ってまた二人で旅行してるな…)
火村先生の脳裏を、あの時の情景がかすめたんだと思います。
で思わず言ってしまったと。
「おまえはドジなんだから気をつけろ」ってことですよね。
(腐としては「おまえはドジなんだから」という部分が愛なんですな!愛なんですよ!)
「転んで怪我なんかするなよ」と「転んで証拠を損傷してくれるなよ」が半々てとこでしょうか。
で、アリスさんも火村先生があの時のことを思い出して言ってるのわかってるっぽいんですよね。
優しさと子供扱い(というか…庇護?)されてるのを感じて、だから邪険にすると。
かように、何も言わないけどお互いにあの時のことを連想してそうなとこが、またこう、グッと…(笑)。

以下気になることを挙げていくと。
・四つん這いのアリスさんを「無様」って…。
 なんかただの揶揄以上の牽制?を感じるんですけど。
 そう言って、その格好を早くやめさせたいというような。
 考えすぎですか?わかりました。

・“わざとらしくにこっと”笑う火村先生こええー!(笑)でも見てー!!

・「あれ、機嫌が悪いな」
 夫婦だよ…。この会話は夫婦だよ…。(←心の声)
 アリスさんがカリカリしてても悠然としてるあたりが…。

あとさー、いくらこれまでの実績があるっつってもさあ、普通“あんな役”頼まれてもやりたくないよね。
大体、役割が逆でも全然構わないわけだし…。
あれをやっちゃう時点でアリスさんは火村先生をほぼ盲信してると思われます。
口では何と言おうとな!(笑)

「蝶々がはばたく」
お話として大好き。

あと、二人のパワーバランスというか友人として対等というか、男同士らしい、つまんないライバル意識(笑)みたいなのが表れてて好き。
こういうとこがいいよねー、この二人は。

腐ですけど、そういうとこはそういうとことして好きなんです。<何を殊更に主張しているのか。

ともあれ、女性同士でもこういうバランスの友情ってのはいいよね。
「ロンタイBABY」(好き!)とか(笑)。
うわ、読みたくなってきた…。
// 23:15 // 有栖川有栖
 作家アリスシリーズ再読
2007.05.10(Thu)
今回の再読は再読だけに、腐の視点・同人屋の視点で読んでますね私。

昨日の記述の続きみたいなもんですが、アリスさんは火村先生のことをカッコいいと思っててかわいらしいと思ってて、でも頼りにしてて。
誇りに思っていて、自慢にも思ってて。
愛おしくも思っていて大事にも思ってて。
でも時々イラッときてたり、ムカッときてたりするじゃないですか(軽く、ですけど)。

そこがねえ…。
いいんだよねえ…(しみじみ)。

で、それは片想い(<腐な意味だけではなく)ではなくて、火村先生も同じかそれ以上にちゃんとアリスさんを大切にしてるのがいい。

お互いを信頼している友人、夫婦ってのはこんな感じだと思う。
後半の思想が腐だが(笑)、実際考えてみりゃあ、友人として信頼出来ないヤツ、好きじゃないヤツ、面白くないヤツとなんか恋が出来るか?

あれ?
そういうのと恋は違うのか???
本人が色恋沙汰に対してこういうスタンスだから私の描くものがそうなのかしら?
深いな二次創作!(笑)
// 18:57 // 有栖川有栖
 ブラジル蝶の謎
2007.05.09(Wed)
まだ一編目、「ブラジル蝶の謎」を読了したところです。

あー面白い。
火村先生はカッコいいなあ!
つか、アリスさんが火村先生をカッコいいと思ってるよね!(笑)

ミステリにおける探偵なんだから、魅力的に(カッコいいだけじゃなく)描きたいという作家(有栖川先生)の希望の表れなのはわかってるんですけどね~。
でもね~。(所詮腐った脳で考えてることですので気にしないで下さい)


さておき、船曳警部…。“心の隙間を埋める人”云々て…。
知ってて言ってませんか。

それに対するアリスさんの返答もまた、どっちともとれる(ピンときてないのか、上記のように知ってて言われてる気がして返答に困ってるのか)曖昧な反応で…。
んもー、ネタ満載(笑)。



// 22:03 // 有栖川有栖
 スウェーデン館の謎
2007.05.08(Tue)
読了ー。

ああ面白かった~!

と、言いつつ…。
有栖川先生の長編では大概、犯人が犯行に至った経緯が語られる場面で、うるっと来ます。
「ダリの繭」もそうだったし、「46番目の密室」も切なかったな…。

そういうところも大好きです。


しかし、マジで付箋紙とペン持って、「資料集」としての通読もしないとな~。>作家アリスシリーズ


// 13:46 // 有栖川有栖
 カレー記念日
2007.05.07(Mon)
これが祝わずにいられるか(笑)。

全くの偶然で(実家暮らしの為夕飯のメニューの選択権は私には無いのだった)本日の夕飯はカレーでしたよ!マジで!


連休中は全く、インプットもアウトプットもせずにおりました。
なので今もって「スウェーデン館の謎」を読んでおります。
ああもう、風のようにやってくる助教授がこそばゆい…(もじもじ)。


普通の感想を書くと、有栖川先生は会話を書くのが上手ですね。
アリスさんが葉山さんから乙川氏の過去の艶聞を聞いた時の会話なんか秀逸だなあと…。
間とか空気が読み取れて、思わず笑ってしまう。
// 22:45 // 有栖川有栖
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。