FC2ブログ
 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 どちらかが彼女を殺した
2006.09.30(Sat)
当てた・・・・!!



(声を出さずに震えながらガッツポーズ)
嬉しい・・・・。
むちゃくちゃ嬉しい・・・。
うおー、すげー興奮する・・・(笑)。

いやしかしね!文庫版、あのやり方は良くないよー。
解答編は有ってもいいけど、やっぱ本文だけで犯人が特定出来るようにしてほしかったなー。

で、勢いで「私が彼を殺した」(文庫版)を買ってしまったんですが、まさかコレもノベルスとどっか違うんじゃなかろうね?
スポンサーサイト
// 20:07 // 東野圭吾
 どちらかが彼女を殺した
2006.09.30(Sat)
ノベルス、来たーーー。

てなことで、ざっと再読。
ラスト近くのシーンの一文に文庫には無いフレーズを発見して、それなら犯人はこっちだろう、と一応特定しました。

まだ、文庫の袋とじは開いてません。

では“続き”(反転してあります)より、私の答えを。





// 20:02 // 東野圭吾
 気分は名探偵
2006.09.29(Fri)
と、いうことで密林のマーケットプレイスにて「どちらかが彼女を殺した」ノベルス版を注文中(苦笑)。
明日くらいには届きます。
だって解きたいでしょ!!それが人情ってもんでしょ!!!

で、それが届くまで別のものをということで、一昨日から「気分は名探偵」(有栖川有栖先生や貫井徳郎氏、麻耶雄嵩氏などの書き下ろし犯人当てアンソロジー)を読んでました。
本日読了。
まともに「犯人当てたる!」と思って読んだのは、貫井徳郎氏の「蝶番の問題」
自分としてはいいとこまで行きましたよ!マジ!ちょっと嬉しい。
しかし、自分が立てた仮説を信じて、辻褄が合うまでこねくり回せなかった。「いや、だってそれは書いてないし?」と不安に思って、さらに短気を起こして、推理を投げた。

まあ、それを投げ出す時点で、「謎解き」というものに向いてないっつーのが露見してるわなー。
頭脳以前に資質に問題がある。
ちゅうか、それをどうにかしたくて(「謎解き」が出来るようになりたくて)「どちらかが彼女を殺した」を読んだわけですがね。
もうちょっと辛抱強くなろうな自分(笑)。


麻耶雄嵩氏の「二つの凶器」はキレイなフーダニットでした。
これはカッコいい。
// 23:59 // アンソロジー
 どちらかが彼女を殺した
2006.09.27(Wed)
あのー、ネットの書評なんか見てると文庫版は巻末の袋とじが有る分、ヒントが少ない、つうのはマジですか!?
犯人が自力で特定出来るまで袋とじ開けたくないんですけど!?
かとゆってノベルスは絶版じゃねえかYO!
こりゃ密林のマーケットプレイスへ突撃か!

ではネタバレご注意、リアルタイム考察を“続き”(反転してあります)から。







// 13:34 // 東野圭吾
 どちらかが彼女を殺した
2006.09.26(Tue)
再読読了。
今は3巡目です。
昨夜の日記の後、4章~6章まで読んで、メモが少し増えた。
では以下リアルタイム考察。
私のようなへっぽこ読者の見当違いな推理でもネタバレの危険性あり、ですよ?
それでもいいよ、という方のみ“続き”(反転してあります)をどうぞ。




// 23:33 // 東野圭吾
 どちらかが彼女を殺した
2006.09.25(Mon)
まず一回目、読了。
犯人、わかんねえええええ。_| ̄|◯
さて、以下リアルタイム考察。
未読の方にはネタバレ、あるいはミスリードの可能性あり(・・・見当違い過ぎてどっちも無いかも)。
既に正解済の方は、なんで解けないんだ馬鹿だなあと優越感に浸れる可能性大有り。
と、いうことで、読みたい方のみ“続き(反転してあります)”へどうぞ!



// 23:14 // 東野圭吾
 りら荘事件
2006.09.23(Sat)
読了致しました。

「そして誰もいなくなった」か!?と思いましたがそうではなかった(笑)。
んんん、ちょっと捜査の甘さが気になりました。
まったく余談ですが、行武君がちょっと火村先生チックだった。
活躍を期待していたのだが。

さて次。
どうしようかなー。

とあるサイトさんを見て、東野圭吾さんの「どちらかが彼女を殺した」を読んでみたいなと思ってるんですが・・・。
東野さん敬遠癖を克服出来るだろうか。
(いや、しなきゃいけないってもんでもないんだけどさ)


なんだか急に涼しいです。
こうなるとよく眠れてしまってヤバイ。

あと、そろそろ自作の同人用官能小説(嘘)も形にしたいなあと。
// 23:12 // 鮎川哲也
 ポッカの宮本「オッサン」CM目撃!
2006.09.21(Thu)
見れた!
ライブ中とライブ後?
濡れ濡れ(・・・汗でな)でニコニコの先生でした。
(いやー!その笑顔は石くんだけに見せてー!とか思ったなんてことは更新通知もしないブログなので云ってしまいます。先生のあの笑顔を切り取るとは、あれのCM監督あなどれねえ)

しかし突然のことで“捕獲”ならず。

ちなみに見れたのは昨日の「めざましテレビ」で7時13分頃。
今日の朝から待ち伏せしてますが、今日は格闘家の吉田秀彦さんでしたな。
目指せ捕獲。


高村熱からの解脱のためのリハビリと称して、
「りら荘事件」にとっかかりました。
ああでも、高村作品、若干の中毒性があるような・・・。
読むとキツイのになあ。あえてカサブタをつつきたくなるような、そんな・・・。


そういや、最近カサブタって作ってねえええええ!!(実生活で)



昨夜、「黄金を抱いて翔べ」読了の興奮からか寝付かれず、
丑三つ時に突然思い立って、「ゲゲゲの鬼太郎」をビデオからDVDに焼きました。
97年12月28日放送の「言霊使いの罠!」。
ご存知の方はご存知、京極夏彦氏脚本主演(?)の一本です。

今見てもどう見ても楽しいのは京極さんだけという物凄い、なんというか、物凄い一本です。


京極さんという人は、仕事の才能とか頭の容量、遊ぶ才能とかそのセンス、のみならず普通の人間としての生活能力等、全てのパラメータが私のような凡人の最大目盛りより外まで伸びてるって感じがします。
恐ろしい人だよなー。
// 23:11 // エレカシ
 黄金を抱いて翔べ
2006.09.20(Wed)
読了。

途中、緊迫感で吐きそうになった。(ヘタレ・・・)
私があの状況にいたら吐く。一抜けるよ。勘弁してくれ。
そのあたりからヒリヒリしてきた。
心拍数は上がってるのに頭は醒めていく、みたいな感じが理解出来るような気がしてきた。

高村薫(敬称略)という人は、
男という性を随分神格化してるような気もするし、
憐憫と愛おしさを感じてる気もするし、
ものすごく俯瞰から、冷静に見つめてる気もする。
これを女性が書いてるてのがスゴイ、と思う反面、女性でないと書けないな、とも思う。

とにかく表現が硬質であっさりしてるなあ、と。最後まで。
あんな、あっさり・・・。色々・・・。なあ!!(<誰に同意を)
「ざらざら」していて、「速い」。
そういう印象。
洪水のような濁流に舵もとれずに押し流されていく筏に乗せられてるような。
何かをじっくり見ようとしても聞こうとしても、間に合わない。
何かを見ようとするなら研ぎ澄ますしかない。

そして、
今まであまり開かなかった感情のフタを開けられる物語だった。

語彙足らずでもどかしいんですが、
私(読者)に色々云わせる、云いたくさせる、ってのは“物語の力”ですよ。
私に何かが残った証ですよ。
「うわー、面白れー、次読みたい!」って本(作家)ではない。少なくとも私には。
私の精神には、へヴィな本だった。
でもそれは時々思い出さなきゃいけないものだと、思う。

己が生き方に疑問が生じる作品でした。


今日、職場の同僚が、京極さんの「魍魎の匣」を読んだ後、他の何を読んでもぬるくて頭に入らなかったと云ってましたが、気持ちがわかる。(でも「マジックミラー」だけはもう一回読んでくれ!(笑)もったいないから!あれは名作だから!)
「黄金を抱いて翔べ」を読了したので、「山」から次の本として「Pの密室」を選んでみましたが、頭と精神がついて行きません。
こりゃ、リハビリがいるなあ。
// 23:09 // 高村薫
 黄金を抱いて翔べ
2006.09.19(Tue)
読んでおります。

表現が硬質で、ちょっと読みにくいなと思いつつ、いつの間にかページが進んでいるという具合。
どうも彼らには感情移入出来そうもないなと思いつつ、己の肉体と精神は鈍っている、もっと動物のように生きるべきだと感じたり。

腹はへっているくらいがいいなと思ったり。
そのほうが頭が回るし、とか。

マッチほどの炎すら見えないけど、どこかが確実にチリチリ熱い、不思議な感じになってます。


ただ突然勃起するのってどうなの。
男の人って、精神が極限まで研ぎ澄まされると身体が反応しちゃうもんなの?
だから戦場(戦国武将の時代もひっくるめて)って衆道が発生するのか?
それでも精神ありきの反応だろうから、より純粋というか、厳粛なものを感じるけど。


最後まで読んだらもっと何か感じられるんだろうか。
// 23:08 // 高村薫
 下り“はつかり”
2006.09.18(Mon)
読了ー。

印象を一言で言うなら“緻密”。
巻末でご自身が仰ってますが、まずトリックありき、で作品を作っていくということで
その念の入り方は半端じゃないです。
なんというか「これがバレてもこうしておけば平気」「こっちをつつかれても、こうすれば」という無数の組み合わせががっちりハマるところが一点だけあって、そこを間違いなく突いていく、というか。
うまく言えないなー。ここはいずれ要編集ですな(苦笑)。

だからといってそんな精巧緻密な作品ばっかりじゃなかったところもまた(笑)。
警察は騙せんだろう、そのアリバイでは、とか。

トリックの「元」、ヒントがいっぱいちりばめられてる感じがします。
「推理小説を書く人」の想像力を刺激するのはそういう部分なんだろうな。
あと、トリックの「組み立て」とその「崩壊(謎解き)」が、これ以外は有り得ない、っていう緻密さ。

「誰の屍体か」「死が二人を別つまで」「赤い密室」「達也が嗤う」が好きだなあ。

それと、面白かったのは巻末のおまけ。
ご自身が自作について語ってらっしゃるのですが、そこで
「ユーモアのわからない読者がいる、そんな石頭を夫君に持った女性は結婚生活が味気なくて気の毒だ、さっさと離婚したら如何か」というようなことが書いてあって、爆笑した。

初めて鮎川先生の人間臭いところに触れられた感じがして嬉しかった。


次は「黄金を抱いて翔べ」、行こうと思います。
// 23:07 // 鮎川哲也
 下り“はつかり”
2006.09.17(Sun)
相変わらず読んでおります。

ところで本日、例のものが届きました。
密林で買った「おかしな二人」(苦笑)。
で、一緒に買った鮎川御大の「白馬館9号室」「りら荘事件」も。
「白馬館9号室」は私の大好きな(だけど一度もそこで事件について考えたことのない)“読者への挑戦状”が挿し込まれている短・中篇が集められている一冊。
解決編は巻末。うひひひ。←コワ!
「りら荘事件」と共に読むのが楽しみです。

ところで、日記をお引越ししてきました。
日記再開したのが8月の19日だったので、一ヶ月もしないうちに移動。
他のことでは腰が重いんですが、どうもサイバー(笑)な方面のことは走りながら考える人間のようです。

まあ、書くことは今までと変わりません。
今後ともよろしくお願いします。
// 23:05 // 鮎川哲也
 下り“はつかり”
2006.09.15(Fri)
読んでおります。
面白い。
北村薫氏の編んだ短編傑作選の二巻目です。
(一巻目は「五つの時計」

鮎川御大、作品に題名をつけるのが苦手、と語っていらっしゃいますが、とんでもないと思う。
入ってる短編のタイトル、すごいカッコいい。
本編を未読のものもありますが、「達也が嗤う」「誰の屍体か」「他殺にしてくれ」とかタイトルだけでドキドキする。
ひー、カッコいい。


岡嶋二人氏の結成から解散までを「岡嶋二人の片方」であった井上夢人氏が書いたという
「おかしな二人」が読みたくて、会社帰りに本屋へ。
大き目の本屋に二軒寄ったが見つからず。
欲しいと思ったら即行動を起こさずにいられない性質(たち)なので、帰りの電車内から密林にオーダー。
オーダーしたにも関わらず、「あ、ここの本屋にならあるかも!」と途中下車。
ホームで「さっき密林にオーダーしたじゃないか・・・」と思い当たる。
でもまあ降りちゃったし、なんとか営業時間内のようだし、行くだけ行こうと。
で、発見。即購入。
買ってから「あ!!だからさっき密林で(以下略)!!!」

・・・馬鹿・・・_| ̄|◯。

ケータイからのオーダーだったので、既にキャンセルも出来ず。
本馬鹿(「本(BOOK)の馬鹿」ではなく「本当の馬鹿」)ここに極まれり。
最近本当に5分前のことをキレイに忘れてる時があります。不安です。

どうでもいいことですが、今日本屋がえらい混んでました。
どっちの本屋も、レジが長蛇の列。
最初の本屋ではあまりの列に「他のフロアでの会計も承ります」とのご案内が。(普段はフロア毎の会計)
3連休前だから?秋だから?
つか週末っていつもああなん?
// 23:03 // 鮎川哲也
 クラインの壺
2006.09.13(Wed)
読了ー!

途中から俄然面白くなって、今日の朝通勤電車の中で200ページほど一気読み。
で、帰宅する電車の中でラスト数十ページ読破。

オチにびっくりした。
呆然。
呆然、というと言葉が悪いか?
おお、このオチを勇気を以って書く人がいたか!という気持ちと
これは賛否両論あったろうなあ、という気持ちがないまぜになってました。

でも“あえて書いてる”というか、“このラストを書きたかったんだ”という強い意志は
しっかり感じました。
おざなりじゃない、全力疾走で駆け抜けた、そんな印象。

私はアリだと思います、あれ。

ただ“否”と思う人がいるであろうことは容易に想像出来るので、
あれが最上のものであったのかはわかりませんが。
ただ、「99%の誘拐」にも言えることですが、
ともすると現実離れしたこの設定をあえて現代として扱って、
ここまでグイグイ、ガツガツ読ませてしまう力は、掛け値なしに凄いと思う。
作家としての力ですね。憧れる。
「途中がこれだけ面白いんだからラストがどうであれその価値に変化無し!」と思ったのは
京極さん以来二人目です。

他の作品も読んでみたくなりました。
しかし今の私には読むべき本が山積しているので、ひとまずそれを制覇してから。

ちなみにその山は
高村薫氏「黄金を抱いて翔べ」
鮎川哲也御大「下り“はつかり”」
(どうでもいいことですが、この本が書棚にあるとどうしても
「下りばっかり」と読んでしまいます)
「材木座の殺人」
島田荘司氏「Pの密室」で構成されています。
あ、あと海外ミステリが2冊あるな。

何行くかな。
ここはやっぱり鮎川御大か。
では「五つの時計」の後ですし、「下り“はつかり”」で。


ところで、宮本がCM出てるってマジすか!!!!
知らなかったよ・・・・!!!
ポッカの「男と缶コーヒーはちょっと甘めがいい」シリーズらしいんですが。
うおー、見てえー。
// 23:01 // 岡嶋二人
 クラインの壺
2006.09.12(Tue)
読んでます。
これは一体どのへんからミステリになるんだろうと思いながら(笑)。
// 22:59 // 岡嶋二人
 99%の誘拐
2006.09.09(Sat)
読了。

面白かった・・・!
息つく間も与えない、とはこの事かと。
無駄を一切感じさせないのに、なんの抵抗も無く読み進んでしまう。
(逆説的ですが、無味乾燥な文章だと感情が付いていかない>私の場合)
謎解きとしてはどうかなあと思いますが(この「スピード」でなければやりおおせなかった犯罪だと思うし)、読ませてしまうってのは上手いんだろうなあ、やっぱり。
冒頭のお父さんの手記は泣けた。

この「99%の誘拐」「クラインの壺」を貸してくれた会社の同僚が、明日演奏会をやるというので差し入れ(これまでに「占星術殺人事件」「魍魎の匣」「嗤う伊右衛門」を押し付けた前科有り)の為に、「コミカル・ミステリー・ツアー1~4」を一昨日慌ててアマゾンで注文して今日届きました。セーフ。

当然ながら、私がぜひ人様に読んでほしい!と思ったものを選んでいるわけですが、私以外の方の評判も気になる。
というわけで、アマゾンのカスタマーレヴューでも見てみるか、と検索したら、1の発送が「24時間以内」から「2日以内」に変わってた・・・!
もしかして私が買ったから?
我が身の幸運に乾杯すべきだと思う(真剣)。
プロージット!!

と、いうことで(?)次は「クラインの壺」

-----------------------------------------------------------------
追記

日記のタイトルを(また)変更しました。
サンボマスターのパクリ。
// 22:57 // 岡嶋二人
 五つの時計→99%の誘拐
2006.09.08(Fri)
昨日読了ー。
後半にいくに従って鮎川さんの面白さがわかってきた。にぶいな私。
やっぱりなんとなく、キャラクターの醸し出す空気みたいのがわかってくると物語を追うのも楽しい。
星影龍三さんてちょっと榎木津さんみたいだよな、とか。<それ逆。

で、いしいひさいち氏の「コミカル・ミステリー・ツアー4」を発見!!
3から8年たってます!!
なんか新しい巻が出るたびにフラッと創元の棚行って発見するんだよねえ。
幸運だなあ私。ご縁だねえ(笑)。
「ミステリ読み」になろう(今までは「ただのミステリ好き」だった)と努力中の私としては、あれに出てくる元ネタをもっとわかるようになりたいです。

それでも、鮎川さんのが元ネタのヤツはわかるようになったので嬉しい。気付いたら結構な数だったし。
「急行出雲」とか「黒いトランク」とか。
作中の「推理作家の広岡先生」が鎌倉に住んでるのも鮎川先生がそうだったからなんだろうなあ、と思ってみたり。
お好きなんだなあ。

それにしても、いしい先生はとんでもない量読んでるなあ。
しかし。
それの弊害か、根本的に実は斜め読みなのか、4に「マレー鉄道の謎」を元ネタにした漫画があるのですが、なんかアリスさんと火村先生の関係がえらいことに(笑)。
(というかマレーに関しては、いしい先生絶対読んでなry)
火村先生が関西弁だし眼鏡かけてるし、アリスさんを「アリスガワ」と呼ぶし。
まあそれ言ったら京極堂もメガネかけてるし御手洗さんももさもさ頭じゃないしな。

つうか、全般的に同人女がこだわるところがまるっと抜け落ちてるんだ!!(笑)
いわゆる男性的な読み方をされる方だということか。

取り上げてもらうだけでニヤリて感じなんですが、やっぱり読んで描いてほしかったなー(苦笑)。
お眼鏡に適わなかったのかなあという寂しさもこめて。


てなことで、本日より岡嶋二人氏「99%の誘拐」を読み始めました。

面白い・・・!!

ぐわ、続きどうなるんだコレ!!とガツガツ読んでしまう。

職場の同僚に岡嶋さんの本を2冊借りまして、
「こっちは面白い、こっちは面白くなかった」と言われたんですが、
これ、どっちだったろう(笑)。


WILLCOM ZERO3の決着。

今日来ました。ソフトカバー。
袋に書いてあった品名。
「フタ」て・・・。
いや、「フタ」だがよ・・・。
他の端子の「フタ」はどう呼んでんのかが気になります。

あ!!それと!!
コバタケ、馬鹿!!!
刃渡り9センチ以下のアーミーナイフでもう法律違反、というとちょっと厳しすぎって気もするけど。
逆にそれだけでしょっ引かれる、ってよほど態度とかに問題が有ったんじゃないかって気が・・・。
20060926225252.jpg

// 22:53 // 鮎川哲也
 五つの時計
2006.09.05(Tue)
まだ読んでます。
短編集なので、ちょっとづつ。
今日は「薔薇荘殺人事件」を読みました。
作者付記に鳥肌。
してやられた(にやり)。
// 23:00 // 鮎川哲也
 WILLCOME ZERO3その後のその後
2006.09.05(Tue)
さっそく電話してみました。

まあ、当然といえば当然の展開・・・?
単純に通販してくれるようです。
ちなみにACアダプター(&USB)端子のカバーのみで単価200円+送料手数料700円の計900円。
ヤマトの代引きで送ってくれるそうです。

同じ悩みを持つ人(いないかも)の参考になればと思います。

// 22:47 // それ以外の話
 WILLCOME ZERO3その後
2006.09.04(Mon)
WILLCOMに3日の日記に書いた件を問い合わせしました。
ソフトカバーだけ有償で取り替えてもらえないか、と。
今日返事が来ました。早い。

いわく
製造元であるシャープドキュメントシステム㈱へ問い合わせてください
とのこと。

電話番号のみご案内いただいたので、時間あるときにかけてみます。
今後の展開をどうぞお楽しみに(笑)。
// 22:45 // それ以外の話
 WILLCOME ZERO3
2006.09.03(Sun)
8月の頭に買いました。
WS004SHのパールホワイト。
未だ全機能は使いこなせていないと思いますが、役に立ついいヤツです。
下(以前の日記)にも書きましたが、ネタ出しとその推敲に使える!!
移動時間が同人屋としての活動時間になるという素晴らしいアイテムです。

しかし約一月ほど使用して、少し困ったことが出てきたので今後の(自分の)参考の為にもちょっと書いておこうかと。

困ったこと
色。
これは自分が買う時に選んだものなのでどうしようもないっちゃどうしようもないんですが。
白は汚れます―――本体はそうでもないんですが。

盲点:充電の時とUSBでPCと同期する時、その端子がある部分のソフトカバー(当然ここも白)を毎回開けなければならない。

その!ソフトカバーが!!充電なんか毎日のことなので手垢で黒くなる!!ノウ!みっともねえ!
これさー、ソフトカバーだけ黒に換えてくれないかなあ、有償でいいから。


ここで購入当時の葛藤を思い出すわけですよ。
本当は黒(PSPと見まごうばかりの)がよかったんだよねえ。
でもメモリーが大きいの(WS0004SH)にはパールホワイトとガンメタリックしかなくてねえ。
なんかどうもガンメタは潔くない気がして、ホワイトにしちゃったんだけどさあ。

今となりゃ、ガンメタの方が良かった気がしております。
しかし「機種変更」の呪文を唱えるにはコストがかかり過ぎますしねえ。
(まだ使用期間一ヶ月だし)


そもそも、電話やネット機としては大して使用しないのだから(私のケータイはPCサイトが見れるヤツだしPCも直したので)、ザウルスとかのが良かったんでしょうか。

墓穴か?

// 22:43 // それ以外の話
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。