FC2ブログ
 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 弁護側の証人
2009.06.12(Fri)
実はずっと心の隅にひっかかっていた作品だったのです。
ミステリマニアには一目も二目もおかれていたけれど世間での扱いはひっそりとしていて、既に絶版。
「幻の名作」と評されていたこの作品を、「ブックオフで見つけたら絶対買う」と心に決めていました。
(何故ブックオフかというと、“わかっている”古書店ではどえらい高値だと聞いていたので)
(そしてこの作品を読んだミステリマニアは口を揃えて「それがどんな高値でも買うべし」と言って憚らなかった)

そして、読了。

超ネタバレの感想を“続き”から。

スポンサーサイト
// 23:33 // 小泉喜美子
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。