FC2ブログ
 スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 火蛾
2008.02.13(Wed)
読了。

不思議な話だった…。
面白かったです。
面白かったから、一日で読んでしまったのです、が…。

幻惑された。
という方が近い気がします。
まさに異教の世界に放り込まれた感覚。

うーん…。
これを読んで、本格ミステリに限らず作家、ストーリーテラーというのは、読者をいかに作品に引き込むか、納得させるか、というのが命題、それが出来る人が“作家”なのだなあと悟った次第。


近況。
「さよなら絶望先生」9巻が買えました。
スポンサーサイト
// 23:59 // 古泉迦十
| そのミステリに用がある |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。